>  > いずれはお気に入りを見つけたい

いずれはお気に入りを見つけたい

お気に入りの風俗嬢が卒業してしまいました。元々そこまで長く風俗嬢として働くつもりはないってことは言っていたんですけど、いざ彼女が卒業するとなると心の中にぽっかりと大きな穴が開いたかのような気持ちですね。失恋に似たようなこの感情。きっと新しくお気に入りの風俗嬢と出会わない限り、埋まるようなものではないんだろうなって思っていますけど、ただ自分は割とポジティブでもあるので、これを新規の女の子を発掘する良い機会だって思って楽しむようにしています。もしかしたらそこであっと驚く良い女の子との出会いが待っているかもしれません。お気に入りの風俗嬢は確かに自分とフィーリングが合う良い子でした。でもきっと彼女との間に生まれたフィーリングを得られるような風俗嬢との出会いが待っているんじゃないかなって思っています。そう思いつつ、風俗での時間を楽しんでいます。そんなことを思いながらの風俗もまた、なかなか面白いんですよ。

適度な熟れ加減の軟乳デリヘル嬢

人妻風俗嬢を相手に風俗遊びを楽しんできました。相手をしてもらったのは人妻デリヘルに在籍している人です。わりかし長身で熟れた体をしている人でした。熟れすぎてだらしなく緩んでいるわけでなく、適度な熟れ加減です。特にその人妻デリヘル嬢のオッパイには、それが言えるでしょう。Gカップだと言うオッパイは熟れているおかげで少々垂れ気味ではあるものの、その柔らかさはとっても印象的なものでした。お餅よりも柔らかいと思われる軟乳で、大きめな乳輪がいやらしさを高めています。それが揺れる様はまさに暴れているようなものですから、つい目も惹きつけられてしまいます。弾力は弱いものの触れば指まで吸い込まれそうな柔らかさで、手が離せなくなるものでした。そんなですから、ついついオッパイばかり攻めるのに集中してしまいがちになっちゃいました。もちろんパイズリしてもらわないわけにはいきませんで、それで2連続で抜いてもらいました。軟乳なおかげで自由自在に動きますから、よくある風俗プレイのように単に挟まれる場合よりも気持ちよく感じました。

[ 2016-10-22 ]

カテゴリ: 風俗体験談